« 杭州旅行記4
***湖畔で龍井茶***
| トップページ | 杭州旅行記6
***眼下に広がる美しき西湖*** »

2008-05-18

杭州旅行記5
***西湖に響く鐘の音***

杭州2日目も、朝から寺院へ。訪れたのは、西湖南岸にある浄慈禅寺です。

浄慈禅寺は954年、永明大師のために、呉越王によって建てられました。このお寺は、日本ともゆかりあり、鐘楼の鐘は、1985年、永平寺の僧侶により奉納されたものなんです。この鐘の音を聞きながら眺める西湖の夕景は、「南屏晩鐘」として、西湖十景のひとつに数えられています。

大きな寺院ではありませんが、永平寺から奉納された鐘や、本殿の大仏など、なかなか見ごたえがあります。今回は早朝に訪れましたが、次回は夕方訪れて、「南屏晩鐘」の景色を、楽しみたいなぁと思いました。

それでは、浄慈禅寺で撮影した写真を、お楽しみください

B80323

B80324

B80325

B80326

B80327

B80328

B80329

B80330

B80331_2

B80332

浄慈禅寺
杭州市南山路56
拝観料 10元(1元≒15円)

大仏の微笑みに癒された方、
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓

« 杭州旅行記4
***湖畔で龍井茶***
| トップページ | 杭州旅行記6
***眼下に広がる美しき西湖*** »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杭州旅行記5
***西湖に響く鐘の音***
:

« 杭州旅行記4
***湖畔で龍井茶***
| トップページ | 杭州旅行記6
***眼下に広がる美しき西湖*** »

ブログ村

グルメブログランキング

  • 食べログ グルメブログランキング
無料ブログはココログ