« 艶陽紅(中華料理) | トップページ | Pretzels Plus(ファストフード) »

2008-05-03

打包はたのし***艶陽紅編***

中国では、レストランで食べきれなかった料理を、自宅に持ち帰る習慣があります。どこの店でも「打包」といえば、店員さんが包んでくれます。打包して持ち帰った料理を、そのまま温めなおしていただいても美味しいのですが、ちょっこはひと手間かけて、食べるが大好きです(前回記事、打包はたのし***滴水洞編***はコチラ)

今回は、艶陽紅の、骨付き羊肉の煮込みをスープごと持ち帰って、翌日マトンカレーに仕上げました。

B80264

骨付きの羊肉を、根気よくコトコト煮込むと、骨から肉がホロホロとはずれてきます。さらに煮込めば、骨は髄までスカスカになり、うま味全部がスープに溶け出します。残った大きな骨を取り出して、野菜を投入し火が通れば、市販のカレールーを加えます。煮込む時間はかかりますが、自宅でも簡単にマトンカレーができちゃいます

お肉が崩れてしまうので、食べ応えを出すために、野菜を大きく切るのがちょっこ流。ちょっと新疆料理っぽい感じを、イメージして作ってみました。

みなさんも、打包アレンジ料理を、楽しんでみてはいかがでしょうか。

打包アレンジ料理を楽しんでみたくなったら、
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓

« 艶陽紅(中華料理) | トップページ | Pretzels Plus(ファストフード) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 打包はたのし***艶陽紅編***:

« 艶陽紅(中華料理) | トップページ | Pretzels Plus(ファストフード) »

ブログ村

グルメブログランキング

  • 食べログ グルメブログランキング
無料ブログはココログ