« 蘇州旅行記10
***白居易ゆかりの山塘街***
| トップページ | 蘇州旅行記12
***ハンドメイドのシルバーアクセ*** »

2009-05-21

蘇州旅行記11
***松鼠桂魚を食べるなら***

高級淡水魚である桂魚を、カリッと揚げて甘酢あんをかけた松鼠桂魚は、蘇州料理の代表選手です。どうせ食べるなら、松鼠桂魚発祥のお店でっっ松鶴楼へ行ってきました。

松鶴楼は創業250年以上という、超老舗蘇州料理店です。本店は観前街にありますが、今回は山塘街にある支店へお邪魔しました。レトロなインテリアの、趣のあるお店でいただくのは、もちろん蘇州らしい甘ぁ~い中華料理です。

B90275

姑蘇歯鴨です。なんとも毒々しい赤色の、甘いタレのかかった冷菜です。一口ほおばれば、口いっぱいに広がるナッツの香り。赤色のタレは、ピーナッツバターとか、ピーナッツオイルとか、そういう感じの味なんです。タレの甘さと香ばしさが、お肉とも案外あうんですね。蘇州らしい一皿でした。

B90276

松鼠桂魚です。今回のメイン料理です。切り込みを入れて揚げられた桂魚は、花が開いたように、見た目がとても美しいです上にかかった甘酢あんは、酢豚のタレと、エビチリのタレの、ちょうど中間のようなお味で、日本人の口にもよく合います。表面はサクッと、中はふんわりとした魚の身が、とても美味しかったです

B90277

白灼芥蘭です。蘇州の料理は、甘い味付けのものが多いので、お口直しに注文しました。

このほかにも、数品の冷菜と、老酒を注文し、昼間っからガンガン飲んじゃいました美味しい松鼠桂魚をつまみに、老酒でほろ酔い蘇州へ来たなら、ぜひぜひお試しくださいませっっ

松鶴楼 山塘店
蘇州市山塘街198(山塘街×広済路)
電話 0512-6532-1398
予算 一人150元(1元≒15円)
日本語メニュー× 英語メニュー× 写真メニュー○
日本語通じない 英語通じない

蘇州へ来たなら松鼠桂魚
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓

« 蘇州旅行記10
***白居易ゆかりの山塘街***
| トップページ | 蘇州旅行記12
***ハンドメイドのシルバーアクセ*** »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蘇州旅行記11
***松鼠桂魚を食べるなら***
:

« 蘇州旅行記10
***白居易ゆかりの山塘街***
| トップページ | 蘇州旅行記12
***ハンドメイドのシルバーアクセ*** »

ブログ村

グルメブログランキング

  • 食べログ グルメブログランキング
無料ブログはココログ