神奈川

2017-05-13

【食】重慶飯店

横浜土産に番餅はいかが?

四川料理の名店重慶飯店。売店には、たくさんのオリジナル商品が並びます。

B170633 B170632

B170635 B170634

神奈川県名菓展菓子コンクールで、優秀賞を受賞したこともある、人気商品番餅です。たっぷり豆沙餡を生地で包み、ゴロゴロクルミのトッピング。豆沙餡はしっとり滑らかで、きちんと甘味がありますが、後味はサラリ軽やかです。まわりの生地もしっとりしていて、餡との見事な一体感。ザクザクッとクルミの食感と、香ばしさが、良いアクセントです。見た目はズッシリ重量感がありますが、食べてみるとあっという間にペロリ。横浜土産に、オススメです。

重慶飯店 公式HP 食べログ

次は番餅(大)を買っちゃおうかな!!
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

【食】華正楼

月餅とは少し違うような

横浜中華街でも、最大級の中華料理店華正楼。売店には、たくさんの中華菓子が並びます。

B170637

B170638 B170639

B170640

焦げ目の照りが美しい、スタンダードな月餅。皮はホコホコ、豆沙餡はしっとり滑らかです。見た目は月餅なのですが、実際食べてみると、月餅とは少し違うような。餡こそ中華風ですが、子どもの頃よく食べた、なごやんに少し似ています。私は、きちんと中華な月餅が好きですが、日本人には食べやすい味だと思います。

華正楼 公式HP 食べログ

敷島製パンのなごやん みたいww
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

2017-05-12

【食】喜久家

老舗の逸品

横浜元町の、老舗洋菓子店喜久家。ここへ来たなら、何はともあれ、ラムボールでしょう。

B170609

B170610 B170611

チョコレートでコーティングされた、直径5センチ程度のつやつやラムボール。食べる前から、ラム酒の香りが、鼻孔をくすぐります。半分に割ると、ラム酒のなじんだ、滑らかな生地。口へ運べば、ホロホロッと溶けて、ラム酒が華やかに広がります。チョコレートコーティングは、夏は暑さで柔らかくなりすぎないように、冬は寒さで硬くならないように、レシピを微調整しているのだとか。季節ごとに食べたい、老舗の逸品です。

喜久家 公式HP 食べログ

横浜元町土産の王道です。
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

【食】カフェネクストドア

コーヒーに詰まった元町愛

横浜元町のフランス料理店、霧笛楼が経営する、カフェネクストドア。落ち着いた雰囲気で、居心地の良い空間です。

B170606

B170607 B170608

ネルドリップで丁寧に淹れた、霧笛楼オリジナルブレンドコーヒー。酸味も苦味も穏やかで、優しくまるみのある香りと味です。クセがなく飲みやすいので、ゴクゴクいってしまいそうですが、そこはゆったりと余韻まで楽しみましょう。舌の上に残る甘味が、上品でありつつ、ちょっぴりキュートで、霧笛楼らしいコーヒーです。白地に藍色の、極々シンプルな柄のコーヒーカップも、また魅力的。触り心地も、飲み心地も、とても良いです。飲み終わった後、ソーサーを返してみて、これがタカラダオリジナルのカップだと、気が付きました。1杯のコーヒーに、元町愛がたっぷり詰まっていて、本当に素敵です。

カフェネクストドア 公式HP 食べログ

元町愛たっぷりのコーヒーが飲みたくなったら、
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

2017-05-11

【食】聚楽

ふかふか中華蒸しパン

中華菓子専門店聚楽。ショーケースには、手作り感あふれる中華菓子が並びます。

B170603

B170604 B170605

淡い茶色の蒸しパン馬拉糕。しっとり、ふかふか、最後にもっちり。素朴な甘味のあと、クリーミーが広がります。材料に練乳が使われているので、このクリーミーな感じが出せるのでしょう。濃く淹れたコーヒーと一緒に食べると、ベトナムコーヒーを飲んでいるような味になって、とても美味しいです。

聚楽 食べログ

中華蒸しパンで午後のコーヒーブレイク♪
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

【食】東北人家

豪快にかぶりつけ

店内に中国語が飛び交う、東北人家。素朴な木のテーブルとイスが並び、まさに大陸の東北料理店の雰囲気です。

B170598

B170599 B170600

B170601 B170602

見た目のインパクトも凄い、東北醤大骨。東北人家の名物料理です。ほんのり中華スパイスをきかせた特製醤油ダレて、じっくり煮込んだ豚の背骨。ビニールの手袋をはめて、手づかみで豪快にかぶりつきます。骨のまわりのお肉は、少々食べづらいですが、しっとり柔らか。骨の髄の、ねっとりコラーゲンも、忘れずにいただきましょう。

東北人家 公式HP 食べログ

豚の背骨にかぶりつけ!!
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

2017-05-10

【食】ウチキパン

食パン発祥の店

イギリス人のロバート・クラークさんから教わり、日本で初めて食パンを販売したのが、ウチキパン(前回記事はコチラ) 1888年創業、横浜元町の老舗ベーカリーです。

B170595 B170596

B170597

看板商品のイングランド。大きな山型食パンは、創業当時と変わらず、現在もホップ種を使って発酵させています。綺麗な焦げ目のミミは、手で触るとしっかり硬さがありますが、トーストして食べてみると、サックリとても軽やかです。内側は、しっとり、ふっくら、最後に少しモチッ。小麦が香り高く、口どけも最高です。厚切りトーストに、バターを塗って。美味しいに決まっています。

ウチキパン 公式HP 食べログ

元祖食パンが食べたくなったら、
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

【観】横浜関帝廟

朝の関帝廟

横浜港が開かれた数年後の1862年、ひとりの中国人が、ささやかな祠を作りました。そこへ関羽の木像を祀ったのが、横浜関帝廟の始まりです。

B170591

B170592 B170593

B170594

そびえたつ門には、美しい装飾。金箔も施され、とても豪華です。本殿を支える石柱には龍が昇り、屋根の上にもまた龍が舞います。主神の関聖帝君は、商売の神様。通勤途中に足を止め、関帝廟の前で手を合わせる人々の姿が、印象的な朝です。

横浜関帝廟 公式HP

関聖帝君に朝の御挨拶、、、
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

2017-05-09

【観】横浜媽祖廟

朝の媽祖廟

台南市大天后宮から分霊され、2006年に開廟した横浜媽祖廟。道教の女神、媽祖様が祀られています。

B170587

B170588

B170589 B170590

媽祖様は、海の守り神。海外で暮らす華僑の方々にとっては、無くてなならい特別な存在です。鮮やかな装飾の門をくぐると、目の前には豪華な八角形の廟堂。連なって吊るされた赤い提灯の下では、地元の方々が太極拳を楽しんでいます。憩いの場であり、心の拠り所でもあるこの空間。吹き抜ける風が心地良い、何とも清々しい朝です。

横浜媽祖廟 公式HP

朝の媽祖廟で太極拳はいかが?
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

【食】謝甜記貮号店

中華街で朝食を

朝食は、とろとろ中華粥。サンタクロースが目印の、謝甜記貮号店です。(前回は本店)

B170581

B170582 B170583

B170584 B170585

皮蛋痩肉粥を、小さめサイズの中碗でいただきます。お粥は水分率高めで、軽やかなとろとろ。しっかり出汁がきいていて旨味がありますが、塩味も結構強めです。具材の皮蛋は、プルプルッと心地良い食感の白身と、ネットリ濃厚な旨味の黄身。ムッチリ油条と、香り高い香菜も、良いアクセントになっています。中華粥と皮蛋の組み合わせは、やはり最強です。

謝甜記貮号店 公式HP 食べログ

朝から中華街を楽しもう♪
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ブログ村

グルメブログランキング

  • 食べログ グルメブログランキング
無料ブログはココログ