京都

2017-01-01

【食】泉仙

あけましておめでとうございます

2017年の始まりは、自宅でまったり。今年のおせちは、泉仙の精進おせち一段重です。

B170028

B170029 B170030

臨済宗大徳寺の境内で営業する泉仙の料理は、正真正銘の精進料理です。仏の教えどおり、肉、魚介類は使わずに、穀物、豆類、野菜だけを材料に、丁寧に作られています。精進料理と言っても、おせち料理の見た目はとても華やか。食べ応えも、しっかりあります。素材の本来の味を楽しみながら、冬季限定の八海山をクピッと。今年も、良い一年になりそうです。

泉仙 公式HP 食べログ

今年もよろしくお願いします。
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

2016-11-19

【食】満月

阿闍梨の笠

お客様からいただいたのは、みんな大好き、満月の阿闍梨餅。(前回記事はコチラ) 私も大好物です。

B161676

B161677

真ん中が少し膨らんだ、茶色の和菓子。阿闍梨の笠を、模っています。外観は今川焼のようですが、その食感は独特です。茶色の皮は、しっとりもっちり、程よい弾力。中は、大納言小豆のつぶ餡です。このつぶ餡が秀逸。きちんと甘さがありますが、その甘味は上品で、後味も軽やかです。阿闍梨餅、何度食べても、本当に美味しゅうございます。

満月 公式HP 食べログ

差し入れは随時受け付けておりますww
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

2013-08-07

【観】巽橋と辰巳大明神

祇園の街並み

石畳に千本格子。白川沿いのこの一帯は、これぞ祇園の風景です。

B130876

B130877 B130878

切通しを上がり、白川に架かる橋が、巽橋です。そのすぐ傍らには、辰己大明神。山村美紗サスペンスに、十中八九登場しそうなこの風景は、外国人にも大人気の、撮影スポットです。白川のせせらぎを聞きながら、石畳を行けば、暑い夏の京都も涼やかです。

でもやっぱあぢーーな。(;´▽`A``
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ

2013-08-06

【食】いづ萬

舞妓さんのかんざし

知恩院道から、まっすぐ西に、祇園町北側へ。京都で最も古い蒲鉾店、いづ萬です。

B130873

B130874 B130875

看板商品の東山魚餅は、舞妓さんのかんざしをイメージして、作られています。ハモのすり身を竹串に刺して、蒸さずにそのまま炭火で焼き上げているそうです。噛めば、歯を押し返してくるほどの、ブリンブリンの弾力。濃厚なうま味がこれでもかと広がり、とても美味しかったです。

いづ萬 食べログ

舞妓さんのかんざしで一杯やりたくなったら、
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ

2013-08-05

【食】いづ重

テリテリのノリノリ

祇園さんの石段下。創業100年のいづ重は、いづうの暖簾分けのお店です。

B130870

B130871 B130872

いづ重と言えば、まずは鯖寿司でしょう。昆布を外せば、肉厚鯖様のお出ましです。頬張れば、うま味ジュンワリ。テリテリノリノリの脂が、たまりません。シャリは、酸味は軽めで、塩分がやや強め。この塩梅、絶妙です。押し加減も程よい、完璧な鯖寿司、とても美味しかったです。

いづ重 食べログ

鯖寿司で一杯やりたくなったら、
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ

2013-08-04

【観】永楽屋町家手拭ギャラリー

懐かしく新しく

江戸時代初期創業の、老舗織物商永楽屋。永楽屋町家手拭ギャラリーでは、昭和初期の手拭が、数多く展示されています。

B130866

B130867

B130868 B130869

京都の風景や舞妓さんが、美しく描かれた手拭。骸骨や蛸が、滑稽に描かれた手拭。狭いスペースですが、壁一面に飾られた手拭は、見ごたえがあります。古い手拭はただ懐かしいだけでなく、今見ても新鮮に感じます。レトロモダンを楽しめる、素敵な空間です。

永楽屋 公式HP

手拭ギャラリーは本店と祇園店に併設されています。
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ

2013-08-03

【食】福栄堂

上用に目がないの

四條南座のお向かいにある和菓子店、福栄堂。福印の上用饅頭が目に留まり、つい立ち寄ってしまいました。

B130863

B130864 B130865

見た目も美しい栗じょうよう。真白な皮は、ふんわりの口どけです。頬張れば、中には二層になった、こし餡と栗きんとん。栗きんとんは、一般的なものではなく、岐阜風です。割としっかりめに甘さがあって、上品すぎないところも、好みだったりします。上用まんじゅうを食べたら、その店の実力が見える。これ、私の勝手な持論です。

福栄堂 公式HP 食べログ

上用饅頭大好き♪
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ

2013-08-02

【観】仲源寺

祇園の目疾地蔵様

祇園にある、小さな小さな寺院、仲源寺。地元では、目疾地蔵と呼ばれ、親しまれています。

B130860

B130861 B130862

安貞2年、鴨川氾濫の際に、地蔵菩薩が溺れる人を救ったという言い伝えより、雨止(あめやみ)地蔵と呼ばれるようになりました。その後、雨止が目疾(めやみ)に転じて、今では眼病に霊験があるとして、信仰されています。御本尊の地蔵菩薩以外にも、千手観音や阿弥陀如来、大黒天も祀られ、23日の縁日には、遠方からの参拝客もあるようです。

千手観音は重文らしい。
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ

2013-08-01

【観】四條南座と一力亭

祇園てくてく

祇園を歩けば、自然と目に映る、京都らしい風景。四條南座一力亭など、歴史的建造物は、趣があって素敵です。

B130858

B130859

元和年間に公許された七櫓のうち、唯一現存しているのが、四條南座です。年の瀬の顔見世興行、一度は訪れてみたいですね。花見小路の角にあるのが、一力亭です。仮名手本忠臣蔵にも登場する、祇園の象徴ともいえるお茶屋です。

四條南座 公式HP

歌舞伎を観に行きたい!!
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ

2013-07-31

【食】せせらぎすへら

嘯月にうっとり

器、インテリア、建築にまで、デザインにとことんこだわった、せせらぎすへら。こちらでいただくのは、京菓子の逸品です。

B130843

B130844 B130845

ずっと食べたいと思っていた、嘯月の季節の生菓子です。夏のきんとんは、淡い緑が涼やかです。丁寧な細工に、思わずうっとり。口にふくめば、ふわっと消える感覚が、たまらなく上等で、思わず笑みがこぼれます。嘯月の生菓子に出会えただけで、こちらへ来た価値がありました。

せせらぎすへら 公式HP 食べログ

次は嘯月へ行かなきゃ!!
ワンクリックお願いします。m(_ _*)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ

その他のカテゴリー

ブログ村

グルメブログランキング

  • 食べログ グルメブログランキング
無料ブログはココログ